飯塚歯科医院 飯塚歯科医院

当院の虫歯治療について

患者様に寄り添う診療を大切にしている当院では、「痛みの少ない」治療に配慮し、可能なかぎり「歯を削らない・抜かない」治療に努めています。

お口のことで少しでも気になる点がございましたら、まずはお気軽にご相談ください。

痛みの少ない優しい虫歯治療

「治療の痛みが怖い」「麻酔の注射が苦手」という方もご安心ください。

治療や麻酔に対する患者様の不安なお気持ちにも向き合い、痛みの少ない優しい治療をめざして様々な取り組みを行なっております。

虫歯治療

事前に表面麻酔を施します

本麻酔の事前に施す塗るタイプの麻酔です。表面麻酔を塗ることで、歯ぐきに針を刺すときのチクッとする痛みを感じることなく本麻酔の注射を行うことができます。

超極細の針を使用します

当院では注射針にもこだわり、非常に細い「35G」という種類の針を使用しています。35Gとは髪の毛と同程度の細さを意味します。針は細いほど痛みを軽減することができます。

電動麻酔を使用します

電動麻酔を用いることで、患者様のご状況や注射部位によって最も痛みの少ない速度で一定に注入することができ、麻酔注入時の痛みを抑える効果があります。

なるべく削らず、歯を長持ちさせる虫歯治療(MI治療)

一度削った歯の部分は、元の状態に戻ることはありません。歯は削るほど脆くなり、さらに虫歯の再発のリスクも高まってしまいます。

そのため、虫歯治療において歯を削る事は最小限にとどめ、天然の「歯を残す」ことを最優先に考えた治療を行うことが重要です。

当院では、患者様の大切な歯を可能なかぎり長く健康的な状態に保つために、虫歯に侵されていない健康な歯の部分をなるべく削らない「MI治療(Minimal Intervention -低侵襲な治療)」を重視しています。

虫歯治療

そもそも虫歯になる原因とは?

虫歯を引き起こす原因には、日々の生活習慣や食生活、虫歯菌への感染など様々な点が挙げられますが、最も大きな要因と言えるのがプラーク(歯垢)です。プラークとは、口の中の細菌と酸が一体となったものを言います。

お口の中には様々な細菌が存在しており、一部の細菌は歯に残った

虫歯治療

虫歯はなぜ早めの治療が大切?

虫歯は初期の段階ではほとんど自覚症状がなく、ある程度進行してから「歯がしみる」「歯が痛む」といった症状が出始めます。

また、症状が侵攻した虫歯は自然治癒することはなく、放置すればどんどん悪化してしまい、さらに重症化するほど治療も複雑化し、治療費や治療期間もかさんでしまいます。

虫歯を早期に発見できれば、痛みもほとんど感じることなく治療することができます。お口まわりに違和感があるときは、なるべく早めに歯科医院に受診するよう心がけましょう。

虫歯のない健康な笑顔の生活
をサポート

適切な治療を受けた後は、虫歯を二度と繰り返すことのないようにプラークコントロール(プラークの抑制)を徹底することが非常に重要となります。

当院では、カウンセリングや検査を通じて虫歯や歯周病の根本的な原因を探り、患者様一人ひとりに合わせた予防プログラムを提供しています。

普段からのご自宅でのホームケアとあわせて、歯医者での定期検診や専門的な予防メンテナンスを受けることで最適なプラークコントロールを行い、あなたの大切な歯の健康を一緒に守っていきましょう。

虫歯治療

虫歯の進行度と治療法について

  1. C1:歯の表面の虫歯
    歯の最も表面にできた初期段階の虫歯です。この段階では「痛み」や「しみる」といった自覚症状はなく、ご自身では気づけない場合が多くありますが、歯科医院での定期的な検診で早期発見できれば、簡単な治療で終えることができます。
    また、この段階の症状であれば、適切な歯みがきや歯にフッ素を塗ることで進行を止められる場合もあります。

    治療法

    セルフケアの指導とフッ素塗布を行います。症状によっては虫歯の部分を除去し、樹脂で補填を行う場合もあります。
    虫歯治療
  2. C2:歯の内面の虫歯
    虫歯が歯の表面を溶かして内部まで症状が進行した状態です。歯の中には神経と通じている細い管があり、冷たいものや甘いものがしみる場合があります。ここからさらに進行してしまう前に、なるべく早めの処置が必要となります。

    治療法

    感染源を除去し、樹脂や金属、セラミックスでできたインレー(詰め物)またはアンレー(被せ物)などの人工物で補填します。
    虫歯治療
  3. C3:
    歯の神経にまで達した虫歯
    虫歯がさらに内部にまで深く進行し、神経まで達した状態です。
    この段階では何もしていなくてもズキズキと激痛を感じたり、熱いものでもしみるなど症状が深刻化していきます。

    治療法

    感染源となる虫歯と神経を除去し、歯の根っこ部分の治療(根管治療)を施し、金属や樹脂、セラミックスなどの被せ物で補填
    します。
    虫歯治療
  4. C4:
    歯の根元だけ残っている虫歯
    歯の根元部分のみになっている重症化した状態です。神経が死んでしまうことで痛みはなくなりますが、膿がたまると再び痛みを伴います。この段階まで進行してしまうと抜歯に至るケースも多くなります。

    治療法

    歯を残すことが可能な状態であれば、根管治療を施します。また、将来的なリスクも考慮して抜歯が必要な場合には、抜歯後に入れ歯やブリッジ、インプラントなどの人工物で補填します。
    虫歯治療